家族葬の特徴とメリット

家族葬とは近親者のみで行う小規模な葬儀のことで、誰を呼ぶかや内容について特に決まりはありません。参列者の範囲はもちろん、葬儀の内容についても、基本的に遺族が自由に決めることができます。自分たちらしいお見送りができることが、家族葬の最大の特徴です。

参列者が近親者のみに限られていることから、家族葬の多くは小規模で、会葬御礼や通夜振る舞いなどの必要がありません。葬儀社の多くが家族葬専用のリーズナブルなプランを提供していることもあって、一般葬と比較して安い費用で行うことができます。参列者のおもてなしにかかる時間や遺族の負担が少ないこともメリットです。

故人のことを良く知っている人だけで行う家族葬は、一般的な葬儀に比べてゆっくり故人を見送ることができます。家族葬も一般葬と同様、故人や遺族の信仰する宗教の形式に則って行われることが多いですが、世間体を気にする必要がないのでより故人らしい、遺族らしい演出をすることも可能です。近年では、故人の好きだった音楽を流す音楽葬や、無宗教の葬儀も増えています。しきたりにとらわれない自由な葬儀ができることも家族葬の大きなメリットのひとつです。

このように家族葬は遺族にとってメリットの大きい葬儀の形ですが、参列者の範囲については必ず決めなければならない点は注意する必要があります。特に故人の兄弟姉妹や親族を呼ばなかった場合には、後日、トラブルになる可能性も少なくありません。万が一のときに備えて、自分の葬儀には誰を呼んで欲しいか、家族で相談しておくと同時に、お呼びしない方には理解してもらえるよう説明することも重要なポイントになります。