家族葬のマナーと基礎知識

しきたりや地域の風習よりも故人や遺族の意志が尊重される家族葬であっても、やはり守るべきマナーは存在します。参列者を限定して行うため、呼ばれなかった方への配慮も必要です。参列者や呼ばれなかった人は、故人の遺志を尊重するためにお悔やみの形を工夫することも重要なポイントになります。

広く訃報を知らせる一般葬と異なり、家族葬では参列して欲しい人にだけ通知するのが基本です。会社関係など知らせる必要のある人には、家族葬であることを明確に伝える必要があります。香典や弔問を辞退する旨もあらかじめ伝えておくことが大切です。それ以外の人には、葬儀を済ませた後でお知らせするのが良いでしょう。死亡通知には故人の遺志で家族葬を執り行ったことはもちろん、香典や弔問を辞退する旨をはっきり記載することが重要です。家族葬では、参列者と遺族双方の負担を減らすため、香典を辞退することも少なくありません。ただし、特に連絡を受けていない場合には、参列者は香典を持参するのがマナーです。用意しておいて、受付で断られた場合には持ち帰るようにします。その場合には、後日、お線香など負担にならないものを送るのもよい方法です。

家族葬は案内を受けた場合のみ参列するのがルールです。葬儀の案内を受けていない場合には、訃報を知った場合でも参列を控えるべきだとされています。お悔やみの気持ちを伝えたい場合には、手短な電話など遺族の負担を少なくする配慮も必要です。案内を受けて参列する場合には、通常の葬儀と同じく、男性はブラックスーツ、女性は肌の露出の少ない黒のワンピースやスーツ、アンサンブルなどを着用します。光ものは身につけないのがマナーです。