家族葬で失敗しないための注意点

家族葬はしきたりにとらわれず家族主導で故人を見送る新しい形の葬儀です。小規模で費用負担が抑えられるなど遺族にとってメリットが大きい反面、参列者を限定することから予想外のトラブルに発展するリスクがある点についても理解しておく必要があります。故人の交友関係が広かった場合、最後のお別れを望む方が多いと考えられますが、家族葬では友人、知人などは対面でお別れすることができません。このような場合には家族葬が故人の遺志に沿うものであるかどうかよく考える必要があります。退職後間もない場合などは特に注意が必要です。

家族葬は呼ばれた人だけが参加するのが基本ですが、声をかけていなくても訃報を知って葬儀に来られた方をお断りするのは難しいものです。予期せぬ参列者の対応に慌てないためには、声をかけた参列者には口外しないようお願いすることも重要なポイントになります。故人の配偶者や子供、孫、兄弟姉妹のみなど少人数で家族葬を行った場合には、訃報を知った親戚との間で心情的なトラブルになることも少なくないようです。声をかける範囲は明確に決めておくことはもちろん、迷った場合には参列をお願いするのがおすすめです。

家族葬の場合、通常、声をかけなかった方には葬儀が終わってからお知らせしますが、文面についても注意する必要があります。香典や弔問を辞退したい場合には、ご厚志を辞退するなどあいまいな表現ではなく、故人の遺志により香典、弔問を辞退することをはっきり明記することが大切です。家族葬では参列者が少なく、香典を辞退することも多いことから、遺族の経済的負担はむしろ増えるケースもあります。家族葬は必ずしも安い葬儀を意味するわけではない点も押さえておきましょう。